公募美術団体 三軌会は、絵画・彫刻・工芸・写真の各部門からなり、公募にて毎年一回、三軌展を開催しております。

03-3380-3911

ホーム  >  三軌会について

三軌会について

About

三軌会とはAbout us

三軌会とは

三軌会は、公募美術団体として絵画、彫刻、工芸、写真各部が常に個性豊かな創造の世界を目指しています。
公募展として、毎年5月に国立新美術館において「三軌展」を開催しているほか、巡回展を東北(仙台)、東海(名古屋)、関西(京都)の3地区で毎年開催しています。 同人は会員と会友の構成になっており、東京、中野に独立した事務所を有しています。

代表メッセージMessage

三軌展にチャレンジ!
70年余りの歴史ある三軌展は「皮相な模倣を排し、様式の如何を問わず個性を尊重し、新鮮で自由な表現を旨とする」との基本理念を持っています。
私は三軌会の代表として、また一人の作家として、この大切な理念は現代美術の価値観を備えた、非常に崇高な理念だと誇らしく思っております。
そして崇高で在るがためにこの理念を実現する事は難しく、これを抽象的なスローガンとしない為にも、相当の努力をする必要があると考えています。
昨今話題になった「表現の自由・不自由」もその難しさの表れになっているのかもしれません。
しかし、これまで数々の素晴らしい芸術作品達がダイレクトに人間の心に響き、歴史を変えたのも素晴らしき事実だと思っております。
要するに、理屈ではなくて素晴らしい作品が最も大切な理念となるということだと思います。
まずは、ご自分の精一杯の表現がなされた作品を、この自由な三軌展に是非出品してみて下さい。
三軌会は真摯にその作品に取り組むつもりでおります。

三軌会 代表 滝浪文裕

滝浪 文裕

三軌会の歴史History

三軌会は、昭和24年に互井開一他9名のメンバーによって結成された「新水彩作家協会」が母体となっている。
当初は同人展という形で展覧会を開催し、第2回展から場所を東京都美術館に移し、昭和26年の第3回展から公募展として定期開催を実施し、昭和30年に現在の「三軌会」と改称した。その後当初からの部門であった水彩部を昭和34年に絵画部と改称し、以後幾多の変遷を経て昭和46年までに現在の「絵画部」「彫刻部」「工芸部」「写真部」の4部からなる総合美術団体としての会の体制を確立した。
更に平成18年には本展開催場所を新装なった国立新美術館に移し、以後現在に至るまで「皮相な模倣を排し、様式の如何を問わず、個性を尊重し、新鮮で自由な表現を旨とする」美術団体として活動を続けている。
三軌会は本展の他に、4部門での巡回展として仙台にて「東北展」、名古屋にて「東海展」京都にて「関西展」を毎年開催しており、地方からの優秀な作家の発掘にも努めている。

役員等Officers, etc.

  • 代   表
  • 滝浪文裕
  • 絵画部長
  • 横須賀幸正
  • 彫刻部長
  • 御正進
  • 工芸部長
  • 川村秀之
  • 写真部長
  • 中島不二夫
  • 事務局長
  • 山田哲男
  • 会計監査
  • 石井健彦
  • 会計監査
  • 川島信一
  • 顧   問
  • 互井卓郎

組織運営Organization

三軌会は、本部(代表直轄)と絵画・彫刻・工芸・写真の各部及び各部と一体をなす各支部(原則県単位)にて構成されており、会の運営内容の決定は毎年1回定期的に開催される評議員会とその都度必要に応じて開催される運営役員会を通じて行われ、その他各部単位での審査員会や支部長会議が開催され、民主的な運営が行われています(写真部は2年に1回、全国支部長会議を開催しています)。
また、文部科学大臣賞については、特別審査員に審査をお願いしています。

pagetop